2017 . 06 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017 . 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

児玉教授の動画

「歴史に残る怒りの16分」と言われる児玉教授の動画を紹介。

2011年7月27日 (水) 衆議院厚生労働委員会
「放射線の健康への影響」参考人説明より
児玉龍彦(参考人 東京大学先端科学技術研究センター教授 東京大学アイソトープ総合センター長)



You tubeアドレスは

http://www.youtube.com/watch?v=O9sTLQSZfwo


「義憤」という言葉は別に好きではないけど、原発の問題を語るときに、心の底から抑えきれずに湧き上がる怒りを持たずに、ただ評論家然として語ってはいけないな、と思う。

もっとみんな、怒らなければならないのだ。

問題を矮小化しようとする奴ら、責任を誤魔化そうとする奴ら、それらの者は、子供たち一人ひとりの未来なんかより、自分の地位や権力を守ることのほうが大事なのだ。

今ほど、そういった連中の心性が明らかになったときはない。
これ以上騙され続けてはいけない。

TVでもっともらしいことをしゃべっている人たちの、その表情の端から、言葉の裏から透けて見えてくるものが、「保身」なのか、「権力欲」なのか、「他人事」なのか、それとも「怒り」や「悲しみ」なのか、よく見定めなければ。
スポンサーサイト

橋下徹のTwitterより

以下は橋下徹大阪府知事本人の、5月19日のTwitter上での発言。


バカ教員の思想良心の自由よりも、子どもたちへの祝福が重要だろ!だいたい、公立学校の教員は、日本国の公務員。税金で飯を食べさせてもらっている。国旗、国歌が嫌なら、日本の公務員を辞めろって言うんだ。君が代を起立して歌わない自由はある。それは公務員以外の国民だ。

posted at 15:55:44

公務員以外の国民には、国旗国歌は教育で諭すもの。納得をしてもらうもの。理解してもらうもの。それこそ子どもの時から教育するものなんだ。しかし、公務員は全く別。国旗、国歌を否定するなら、公務員を辞めろ。強力な身分保障の悪弊だね。

posted at 15:58:19

もちろんね、ほとんどの公務員は国旗国歌を大切にしている。公の使命を認識している。自衛隊、警察官、消防員、行政職員、教員もほとんどはね。でもね、一部トンチンカン職員がいることで、組織全体の信用が失墜する。一生懸命頑張っている公務員にとって迷惑なんだよ。分かってるのかね、不起立教員!

posted at 16:01:23

日本国の公務員なら、君が代に敬意を払え。敬意とは起立して歌うこと。これが社会の常識であり、国民大多数の普通の感覚。せめて、子どもたちの晴れ舞台は、厳粛なムードで祝福してあげろ。それが嫌なら、日本国の公務員を辞めて、自分の主張を通せる仕事をしろ!身分保障に甘えるな!

posted at 16:03:40



全文は下記アドレスにて。

http://twilog.org/t_ishin/date-110519

沖縄慰霊の日

今日は沖縄からのUst中継があったりいろいろイベントがあったようだが、『アリランのうた~オキナワからの証言』というドキュメンタリーの上映会に行ってきた。日本支配下で徴用され沖縄の戦地を生き延びた朝鮮人人夫たちの証言記録。今日の「琉球新報」の社説にもある「軍隊は住民を守らない」ということの、朝鮮人の側から証言集。
監督の朴壽南(パク・スナム 在日2世)さんの短いお話と現在製作中の、沖縄での集団自決の真実を追った『ぬちかふう(命果報)』のパイロット版もあわせて上映された。
この新作は集団自決が「軍命」によるものだった、という記述は2007年以降歴史教科書から削られてしまったが、「軍命」を否定した書物や証言の虚偽を暴き、新たな貴重な証言を記録したこの新作も、現在製作資金が底をついてしまっているという苦しい訴えもあった。
『アリランのうた』のほうも低予算で作られているせいか、「映像作品」として観賞に耐えるかはちょっと厳しいものがある。記録としては貴重なのだが。

ariran.jpg

最近何年かぶりに新曲を出したCocco




最後の稽古

土曜日の稽古は、主演女優さんの足の怪我の報告から始まった。
5日の東京公演初日のラストでリフトから着地するとき、足の小指を骨折されたとのこと。
最新の超音波治療で治療中だそうだ。11日の大阪公演楽日はテーピングで固めてやるとのことだが、あれだけの激しい動き、踊りをやって、果たして・・・。訓練された身体とプロフェッショナルな精神力を持っておられる方だが、細い体と細い骨は同じ人間だ。東京での残り4回の公演、そして山梨の千秋楽までの長い道のり、トマサさんの魂が守って下さることを祈る。

そして田中カントクからのビデオレター。
「日野の初日で「初日」が出た」(「初日が出る」とは演出家が合格点を与えたという舞台用語)との有難いお言葉。
「そうかなー。僕なんかセリフ間違えたしなー。」と思いつつ聞く。

その後はチケット普及のための全体討論に時間をかけた。しかしこういう話になると発言する人が大体固定されてしまう。チケット売りについても、演技についても、実は僕らの間にはまだまだ大きな「見えない壁」が存在する。社会で暮らす中では誰もが自分の「領域」の周りに壁を作り、お互いにその領域を侵さないことが暗黙のルールになっている。
僕らはこの作品について、他者に向かって自ら語る「言葉」を、未だ見つけ出せていないような気もする。「イアンフ」?「尊厳」?チラシや台本を読んだってそこに「正解」があるわけではない。(「一粒の種」なんていう言葉も、内輪でしか通用しない。人の心に届く言葉を見つけたくて、僕はこういうブログなんていうものを書いているのだろう。自らの閉ざされた内面と、日本中あるいは世界中の人々を繋ぐ媒体を、この電子の網に求めているのか。)
日本国憲法を守るための「運動」も、運動の外にある人々と通じ合える「言葉」を、見つけ出さなければ、運動は広がって行かない。この舞台に参加している若い世代の中からこそ、そういう新しい言葉(それは文字とは限らない)が生まれて来はしないか。そんなことを期待している。

さて。
いつでも同じ規格の演技を再生産出来る技術を持っているのが職業俳優。
いつでもぶっつけ本番、その時その場のテンションが如実に表れてしまうのが我々素人俳優。
先日の公演初日、連休中に積み重ねてきた緊張と興奮は最高潮に達し、良くも悪くも燃え尽くした。
特にこの日が人生初舞台だった人にとっては、一生に一度きりの日。あとから振り返ればこの日を境に人生が変わった、なんてこともあるかも知れない。
そんなわけで、今僕らの体の中には伝えるべき何モノも残っておらず、ただ音楽がかかれば馴らされた動物のように歌い踊ることは出来る、という状態。

そんなこんなで土曜の短い稽古は過ぎ、日曜日、とうとう最後の稽古となってしまった。

今まで振付助手や演出助手の女性たちを背中から支えていたS君(彼は音響係と勘違いされているが、「演出助手」としてクレジットされている)が、満を持して登場。
カントクから「日野の初日で出来上がったものを壊せ」という難題を与えられ、彼が考え出したのはもう一度、台本に戻るということ。
お芝居の稽古の過程では、戯曲というのは読み返す度に何らかの新しい発見があるべきものだ。最近ではとにかく忙しさに追われて、この作品自体と向かい合うことを久しくしていなかった。
今一度、合宿のときのように、トマサさんの姿を目の前に立ち上がらさなければ。その声に耳を澄まさなければ。そしてその後ろにいる多くの人々の未だ癒えぬ苦しみをどうすればいい?
満足感に浸っている場合ではない。疲れて鈍ってきている五感と想像力を、今一度研ぎ澄まさなければ。
そういう意味では一般の市民ミュージカルと違ってこの「憲法ミュージカル」の参加者たちは、たとえ千秋楽が終わっても満足感に浸って喜び合うことが許されないという宿命を、根本的に背負わされている。それもまた人生、いいではないか。

S君の発案で、M1「ハロハロ」の初期バージョン、1月14日の初回稽古の時に聴いたオケをみんなで目をつぶって聴いてみる。すると見事なまでに、初回稽古からこれまでの映像が走馬灯のごとく浮かんでくる。思えばこの「ハロハロ」だけは毎回稽古の度に歌い、街角の宣伝でも踊り続けて来た。「果てしない道のりを渡り尽くした私たち」に感動してみんなウルウル。

その後とうとう最後の通し稽古。みんなの顔から疲れが消え、目が輝きを取り戻す。人間の感情というのは面白いものだ。

通し稽古の後、風邪で見学していた女の子から鋭いダメ出しがビシバシ入る。不明瞭さや迷いを抱えたまま演じていると、見ている側には如実に伝わるのだ。まだまだ、よく分からない所もあれば、改良すべき点もある。ひとつひとつ、これからだ。

初日の強烈な残像が頭に残っていると、それをなぞることで楽な方向へ逃げようとする。それは確実に観客に見透かされる。技術を持たない素人の我々が「過去の反復」をやってしまったら、目も当てられないものになる。
積み重ねてきた全てのことは僕らの体の中に養分として蓄えられている。それを信じて、頭の中は無にして、またゼロから、多摩の初めてのお客さんと、ありまさんのトマサさんと出逢おう。そしてみんなとも。

長い長い稽古は今日で最後だったが、僕らはここからまた新しいスタートを切ったのだ。

0511anbayanco
和光高校で最後の通し稽古

0511kidoai

0511forgive.jpg
Tさんの見守る背中

0511last.jpg
お疲れ様でした!!

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。