2008 . 03 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2008 . 05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神の目線

いよいよ本番1週間前となった。今日は本番と同じ日野市民会館ホールを使っての稽古だ。
大阪から戻って来られた田中カントクも今日からは東京に詰める。指導者によって少しづつ指示が異なる稽古に戸惑っていたので、カントクが付いていてくれるのはとても心強い。それだけで安心できる。

土日の疲れもとれない体だが、喉の調子は回復してきた。本番は大丈夫だろう。

この日野のホールは、客席の傾斜がかなり急だ。舞台から見ると壁がそそり立っているようだ。2階席もかなり近い。お客さんからはどこからでも見易いだろうけど、舞台に立つ側はその圧力に呑み込まれそうになる。相当目線を上げないと、2階席まで気持ちが届かない。
このホールの2階席からの視線は、まるで神の目線のように舞台上の人間どもの営みを隅から隅まで見渡してしまう。カントクも今までフラットな稽古場では見えなかった部分を細かく指示する。特に舞台一番奥の両角のポジションをしっかり取れと言う。
また「ミザンセーヌ」(役者の導線や位置関係、その変化)ということについても話された。集団の動きに美しい秩序を求めている。もちろん機械的に動くのではなく、各々が各々の意志によって動きながら、それが全体として美しい絵になるように。
カントクの目線もやはり一種「神」からの目線だ。この人間の業を凝縮したようなドラマを美しいミザンセーヌによって観客に提示したいのだ。

ちなみにこの「ミザンセーヌ」について、演出家の山田和也氏は次のように書いている。
「ある瞬間の位置関係は、その瞬間のドラマの構造を表している。ドラマの構造とは、聞こえてくる台詞やそれを発している人物の感情とは別の、そのシーンを観客にどう受け取って欲しいかという作り手の意志の事である。
映画などの映像表現に於ける「視点」という概念を、観客にアングルを強制する事のできる「カメラ」という武器を持たない演劇で実現しようとする演出家の手段の事でもあるのだが、私にとってのミザンセーヌとは、上演中常に水面下に潜んでいるが、それでも流れ続けているドラマの構造(それが「プロット」である。水面上にあり、観客が常に意識している「物語」とは区別されなければならない。)を表し続けているものなのである。」

今日は大阪でも公演をしており、主演女優は不在だ。その代役として出演者の一人がロラマシン役をやった。前日にいきなりやってくれと言われたとのことだったが、熱演だった。僕らは彼女のアダ名をもじって「ロラマリン」と呼んだ。
しかしあらためて思ったのは、この物語の主役を演じる俳優はめちゃくちゃ大変だな、ということだ。ロラマリンも、自分の本番の前にこれだけ体力を消耗してしまって大丈夫だろうか。

そしてこれを1ヶ月以上、遠距離移動をしながら続ける本役の女優さんの肉体的・精神的な消耗は僕らの想像を絶する。ドラマの進行の中で彼女は少女から老婆へとなっていくのだが、やる度に本当に寿命が縮んでしまっているのではないかと思わせる。職業俳優というのはその技術力によって役を造形し、仕事として演じるのだという僕のこれまでの観念を崩された。本当にその役を生きてしまうのだ。

僕のような趣味でやってる素人役者が同じ板の上に乗るのは相当無理がある。あまりに温度差がある。しかも一緒に稽古が出来る回数が少ないのだ。
僕らは日本兵やフィリピン人の衣装をまとって出るが、所詮は形だけ、中身はやはり現代東京人なのだ。それは観客のほうも了解している。僕らはある意味市民である観客を代表して、たまたま舞台に立っているに過ぎない。
その舞台で、僕らは主演女優が自らの肉体を通じて呼び寄せた(そう、彼女は巫女なのだ)トマサ・サリノグの魂――少女から、老婆になるまでの――に出会うのだ。その少女の魂は僕らの目の前でズタズタに傷つけられ、それでも「何か」を求めながら生き、消えてゆく。その「何か」とは、「愛」なのか「正義」なのか「尊厳」なのか。
僕らの世界が見失いかけているその何かを、僕らはこれからもう一度探し始める、その始まりの物語なのだろう。
スポンサーサイト

テーマは「愛」

今日の稽古には昨日の大阪での初日を終えて振付の石橋先生、音楽のマツノブ先生とロラマシン役の女優さんが駆けつけてくれた。石橋先生はかなりお疲れのようだが、初日の興奮と熱気が冷めやらぬ中、その感動を伝えようとしてくれる。
大阪は東京と比べて平均年齢がかなり高いそうだ。先生方の要求するものを、東京ほど器用にはこなせない。しかしそれゆえその必死さが、先生方をして涙させるほどのものになる。あるいは出演者の「心」が、観る人の心を打つのだろうか。

さて、限られた稽古時間の中で、先生はラストの男女の踊りを念入りにチェックする。考えてみれば、2週間前の合宿で初めてこの振付がつけられて以来、先生に見てもらうのは今日でやっと2回目だ。そして最後なのだ。
この踊りの中で男女が手を取り合って回るシーンがある。一瞬の何気ない部分だが先生には相当の思い入れがあるようだ。「出来れば抱き合わせたかった」と仰っていた(抱き合うと絵的に見苦しくなりそうでやめたのか、女の子が嫌がりそうだからやめたのか)。
石橋先生はこの握り合う手に「愛」を込めろ、と言われる。

すっかり忘れていたが、この作品のテーマは「愛」だ、ということをカントクは言っている。愛を壊された女性が、愛を取り戻そうとする物語なのだ、と。
言葉にすれば陳腐だが、力も金も無い者が最後に武器にするのは愛しかない。この世界を変えてゆけるのも、愛の力以外に無いのだろう。
この「ロラ・マシンの物語」は、ラストの踊りによって「愛の物語」として昇華する。石橋先生の振付とマツノブ先生の曲は、それにふさわしく、圧巻だ。

ところで、最近歌がやや雑になってきているという指摘を受けた。最初のころはみんな緊張し歌詞を思い出しながら丁寧に歌っていたが、最近は感情の任せるままに歌うようになってきている。それで汚く聞こえるのだろうか。感情が昂ぶれば、どうしても楽譜通りには歌えない。ソロならそれくらいの方がいいのだが、合唱だとそれではいけないのだろう。黒人のゴスペルクワイヤのように感情も十分に表現しながら、歌もしっかり聴かせられるような力量は僕らには無い。感情に溺れれば肝心の歌が汚くなる。
以前は無かったことだが、最近は僕も周りも、自信たっぷり大声で歌詞を間違えて歌っているのがよく聞こえる。歌詞を思い出しながら恐る恐る歌っていた時はそういうことは無かったのだが。僕も今日はラストの「尊厳の門」の女性だけで歌うところを思わず気持ちのままに歌い出してしまったり、1番と2番の歌詞を間違えたりした。初めてのことだ。慣れてきてしまって気持ちが緩んできているのだろう。
今一度、意識の「集中」を高めていかなければ。

427solida.jpg


427dakatu.jpg


4・27ハロハロ

疑問符

今日はいよいよ大阪で幕が開く。
初日のチケットはほぼ完売だとか。

今日は稽古は無く、立川九条の会の記念講演会でのステージ出演。
先週の稽古で、今日歌う「Forgive But Not Forget」の間奏部分(本番では主役の男性のソロが入るのだが彼が不在のため)、何か言葉で語れと、指名されてしまった。「なんで俺がそんな難しいことを~?もっと若い子や、もっと大人の人がいるだろうに」と内心思いつつ、自分も段々そういうポジションを担う役回りになってきたということなのか。

さて一体何を言えばいい?
僕は正直この歌はそれほど得意じゃない。この歌を歌うたびボロボロ泣いてる子もいるけど、僕はちっとも感情が込められない。もちろんこの歌は感傷に溺れる歌ではない。日本が戦争中したことを「許そう、だけど忘れない」という、アジアの人々からの声。カントクの指示では、この歌では我々はアジア人の立場に立って、観客である日本人にその思いを届ける、ということだった。
この歌の持つ「反戦・反省」のメッセージの強さゆえに、これまでも何度かプレ企画の舞台で歌ってきた。しかしいつも歌っている自分に対して空々しさを感じているのだ。
音楽のMatsunobu先生の言葉ではこの歌は「覚悟」を歌う、ということだ。自分に「覚悟」が無いとは思わない。しかしその覚悟を他人に伝えて共感を得るのは極めて難しいのではないか。そこに押しつけがましさや教訓くささがあったら聞く人は引いてしまう。
昔岡林信康が「信じたいために疑い続ける」と歌ったが、僕も信念や覚悟というものよりむしろ疑問符ばかりを抱えている人間だ。その疑問符をこそ、人と共有したいと思っている。


教えて下さい
あなた方の 優しいほほえみの 奥深くにある 悲しみを

私の国は あなた方の国で 何をしたのですか
あなた方を どれだけ 殺したのですか

教えて下さい
あなたが生きたくても生きられなかった未来で
あなたはどんな夢を持っていたのか
戦争なんてない平和な祖国を きっと

私たちはどうしたら許されるのでしょうか
この国に生まれて 何も知らないまま ただ生きている
どうしたら 私が私自身として あなたのために涙を流すことを 許してもらえるのでしょうか

もう一度 あなた方と 出会いたいのです
国を背負い 国を越えて 歴史を背負い 歴史を越えて
共に生きる 未来のために

男たち

今回の舞台ではラストナンバーで、中央の女性を取り囲んで男性が踊る部分がある。
ラストで男たちが踊るというのは、埼玉から続く憲法ミュージカルの歴史の中でも無かったことらしい。
先日の稽古で振付助手の方からお話があったのだが、今回ここに男の踊りを入れたのは、それなりの意味があるのだとのこと。
この舞台で男性たちの大きな役回りは、殺し、犯す者としての日本兵役だ。
しかしそれは男性の本来の姿ではない。このラストのナンバーで、男性たちを女性と共に生きる本来の姿に回復させる、という希望をこめたそうだ。

男の本来あるべき姿というのはどういうものなのだろうか。「強く、優しく、たくましく、女性を守る」ということなのか。
およそダンスの振付で男の踊りといえば勇猛で力強いものだ。女性の踊りは優しく柔らかい。舞台で人を担ぎ上げたりする力仕事も男の仕事だ。
とすると男はやはり「力」なのだろうか。確かに男の方が筋力はあるわけだし。力が無ければ、女性を守ることも出来ないと、みんなそう思っているかもしれない。

男は自分より弱い女性は「守ってやりたい」と思うが、自分より強い女性は敬遠する。
「守る」ということは、「自分の支配下に置く」ことと紙一重だ。

「女性を守る」ことと「女性を犯し我がモノにする」こと。
女性から見れば正反対のようなこの2つの行為の壁も、男からすればひとつながりのものではなかろうか。

人間は動物ではあるが、動物とは違う。男女平等という近代人が作り出した理念は、確実に普及しつつある。
しかし僕自身の人生という短いスパンの中で、僕はこのジェンダーの壁を乗り越えることが出来るのだろうか。

「守る」ことが「支配する」ことにつながるのは、国と国の関係でも同じだ。
日本はアメリカに「守られている」のか、それとも支配されているのか。
21世紀、世界は「力」によって支配される様相を呈してきた。
「力」と、それから「カネ」だ。
力も金も無い者は、一体どうすればいい?

トマサさんは、力にも金にも屈しなかった人だったのだろう。

合宿翌週

先週の合宿以来ずっと風邪で声が出ない。
今日の稽古でも歌はほとんど口パクだった。僕は実のところとにかく喉が弱い。訓練出来ていないから、稽古でもすぐに声を潰してしまうし、風邪をひくとすぐに喉に来る。

この土日は先生方のいらっしゃらない稽古

冒頭、振付の石橋先生からのお手紙が読まれた。
先週の出演者からの疑問に答えるためだ。
しかしこの答えが手紙というかたちをとらざるを得ないのが、なんともやるせない。
みんな自分たちの声を直接聞いてほしいし、先生の話を直接聞きたいと思っているのだろう。

カントクは自分がいなくても稽古が出来るように、様々な指示を演出助手や、何人かに残していってくれた。
しかしそのことが逆に、「あの時カントクはこう言っていた」という伝聞的指示だけが絶対的になってしまい、舞台が固定化する。

カントクが稽古の度にいつも仰るのが、「みんな右へならえで一斉に動くな。各々が自分の気持ちで動け。自分自身の尊厳にもとずいて動け」ということだ。
今はまだ僕らは決められた段取りを頭の中で確認しながら動いている。「ここで広がって、ここで前にでて、ここで誰かと目をあわせてうなずく」とか自分の中で決まった手順に従って動いている。舞台の生が伝わって来ない。一人ひとりの「尊厳」が、伝わって来ない。

舞台はナマモノだ。稽古の度に、出演者とスタッフが火花を散らしながら真剣勝負する。
それこそ、各々がそれぞれの「尊厳」をかけて、勝負する。
そうして稽古の度にどんどん生まれ変わっていく。そうあってほしいと思う。

脚本や音楽が同じでも出演者と演出が異なれば、舞台というのは全く別物になる。
商品を作るのではないのだから、各地域で同じ物を量産することは意味が無い。それぞれが唯一無二のものになってほしい。品質にバラツキがあったっていいじゃないか。

来年以降もこのような多地域同時の取り組みをするのなら、せめて演出家は各地域で専任の人を用意してほしい。そのためには脚本が早くに完成していないといけないが。
田中カントクでなくたっていい。おのれの全責任において、この舞台を良いものにするために全力で僕らと向き合ってくれる人がいてほしい。
そうすれば僕らはもっともっと稽古の度に変わってゆける。我々の潜在的な力は、まだまだこんなものではないはずだ。
90人もの人間が、全ての休日をつぶしてこの稽古に来ているのだ。それに応えてくれる人が、いてほしいと切に願うのだ。

-ハロハロ
和光高校体育館での稽古。M1ハロハロ

-星の形見
M2 星の形見

-ソリダリ
宣伝行動用の横断幕が完成した。

舞台の値段

昨日の出演者とカントクの議論を聞いていてふと思った。

僕らの住むこの社会ではものの価値は全てカネによって測られる。
僕らの作るこの舞台の価値も、また然り。
お客さんは見終わった後で、この舞台が2500円というカネにたいして「高かった」か「安かった」かという2者択一をするのだ、間違いなく。
主催者は、価格設定をする際に、この舞台の券がいくらなら売れるのかを考えて、値段をつける。演出家他スタッフは、その値段にふさわしい舞台にするように知恵と力を出しあって努力する。

しかしよく分からないのは、僕らの舞台の「価値」を決めるものは、一体何なのか?ということだ。
それは100人いれば100通りの考え方があるだろう。自分の人生の価値を決めるのは何なのか?という問いと同じように。

僕はひとりの出演者として、この舞台に対して、どれほどの価値を付与することが出来るのだろうか。
踊りの上手い人は踊りによって、歌の上手い人は歌によって、この舞台の芸術性を高める。
しかし歌や踊りは目的そのものではない。主題をより効果的に伝えるための手段だ。

自分が初めて神奈川の憲法劇を観た時に受けた感銘を、今度は舞台に立つ側として、数千人の観客に伝えたいと、願っている。
それは、舞台一杯に立つ「人々」の、決意の力強さ、真っ直ぐさ。
数多くの命の犠牲から生まれた憲法の精神を受け継ぎ、未来を切り拓いてゆく主体者として生きるということ。
日常生活では色々と悩み多き僕らだけど、舞台に立つと舞台の神様から(実際には演出家からなのだが)魔法をかけられて、自分自身ではないような勇気と決意が体にみなぎってくるから不思議だ。

合宿2日目

この記事はブロとものみ閲覧できます

合宿1日目

この記事はブロとものみ閲覧できます

生きているうちに

この記事はブロとものみ閲覧できます

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。