2017 . 09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017 . 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連帯

17日のパルテノン多摩、18日の福生市民会館、どちらもほぼ満席。
足を運んでくださった皆さんに、感謝、感謝。


どの公演でも、幕が開くと、客席の一番後ろまでお客さんが一杯だ。これがもう当たり前の光景のように錯覚してしまいがちだ。

しかし1週間前までは、多摩も福生も5~6割しかチケットが売れてなかった。
地域担当の実行委員や出演者も、悲愴な表情をしていた。これまで出来る限りの宣伝はしてきた。あと1週間で一体何が出来るのか…。

しかしそこからが、凄かった。
連日の、駅前宣伝。出演者も一緒にチラシを配った。
僕自身は家や職場が遠いため地域での宣伝行動には参加出来ず、詳しくは知らないが、それはもう1つのドラマだったに違いない。

そうして当日、いっぱいのお客様が観客席を埋めつくした。
その本当の喜びは、声を嗄らしてチラシを配った本人たちにしか分からない。僕らはせいぜいもらい泣きをさせてもらえるだけだ。
僕らに出来ることは、死にもの狂いでチケットを売ってくれた人たち、そして訳も分からず買ってくれた人たちの期待に報いるだけの舞台を見せることだろう。


公演当日は、スタッフさんたちが朝から舞台を仕込み、出演者は開演4時間前に小屋入りする。
開場までの3時間でウォームアップからマイクチェック、場当たりをこなし、開場後の1時間は楽屋でメイクや衣装などの準備。
そうしてもうすぐに幕が開いてしまう。幕が開いたあとは休憩無しの1時間50分、カーテンコールまで駆け抜けるだけだ。
気がつけば2日間、2公演が終わっていた。

一つの公演の度に「ゼロから新しく作る」と気負ってみても、実際には稽古してきたことしか、出来ないものだ。本番でいきなりこれまでの積み重ねを壊せる勇気のある人はいないし、周囲だって対応できない。そう考えるとやはりこれまで5ヶ月の稽古の過程の中に全てがあり、自分たちの何十年かの人生の中に全てがあるのだろう。それを踏まえた上で、舞台に踏み出していくしかない。

しかしそれでも、もっともっと稽古をしたかった。人々の感情が有機的・連鎖的に反応・呼応していきドラマを盛り上げるような芝居作りを、共演者たちともっと稽古したかった。今はお互いの感情を邪魔しないように、各々の狭い領域の中で自己完結出来る芝居をしている部分が大きい。もっと関わり合うことが出来れば、そこから本当の「連帯」が生まれるはずだ。

今週末の立川で、東京公演は終わる。
僕の最後の課題は「連帯」に尽きる。自分自身の演技のことはもうあまり気にしていない。
人と人が信じあい、手をつなぎあうこと。その力が未来を切り拓いていく。
100人の力で、それを示したい。
わたしは、前回の公演で、何かつながった、東京がひとつになった?ような気がしました。自分の中でも流さないようにひとつひとつ丁寧に歌い演じた気がしました。3回目の公演の後にKさんが言った、「舞台で演ずる人を感じながら・・・」という言葉が胸に響き、周りの人たちもそんな雰囲気の中で、大事に芝居をすすめていけたような気がしました。泣いても笑ってもあと2回・・・。熱くご指導くださった先生方、あまねく照らす月たちの実行委員の皆様(いつもこの歌詞の時に思って歌っています)、スタッフの皆様、悩み、苦しみながらも東京の進む道を見つけ出した仲間たちのひとりひとりの顔を思い浮かべています。ありがとうございました。大事に演じたいです。
Matsunobuです。このブログを探してました。(笑)
みなさんお疲れさまでした。楽日はそれはそれは見事な連帯を感じられる舞台だったそうですね。観たかったです。私の愛したさんたまが掴んだ答えを。
千秋楽・・・皆、一瞬一瞬を愛おしむようにした一日でしたね・・・☆
 私も、色んな物を取り払い『純粋』に徹しました
作為的なものも要らない(技術は、身体に染込んでると信じ)舞台の上では、シーンの役柄の、流れの中の、その時を、只ただ純粋に・・・皆を感じて・・・
 多分、皆同じ境地だったんでしょうね・・・☆
一夜明けてONOさんは如何ですか・・・?
管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://onodadai.blog18.fc2.com/tb.php/29-c02546b5

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。